シャンブルドットとは


一般の個人宅が、敷地内の数部屋を貸し出す宿を「メゾン・ドット」あるいは「シャンブル・ドット」といいます。最大で5部屋、それプラス、キッチン付きのステュディオを数部屋設けているところもあります。ほとんどは朝食付きです。

南仏のシャンブル・ドットの魅力は、まず、その立地。広いブドウ畑の中に建っていたり、地中海を見おろす高台にあったり。あるいは、絵のような古城のそばだったり……。
そして、その家自体が、歴史的な建造物であることも珍しくありません。長い期間をかけて修復された、伝統的な南フランスの建築。そうした家に泊まるということは、真に贅沢なことだと思います。

オーナーは、それぞれのセンスで、とてもこだわってインテリアを飾っています。
オータンティックなプロヴァンス・スタイルだったり、モダンでお洒落なスタイルだったり。そのひとつひとつがチャーミングで、なんと素敵なことか!
温かくて家庭的な宿もあれば、5つ星ホテル顔負けのリュクスな宿もあります。
1泊で通りすぎてしまうのはもったいない宿ばかりです。

ルールマラン

太陽の恩恵を受け、エピキュリアンが集まる南フランス。
メゾン・ドットに泊まるのが、本当の南仏の魅力を体験するいちばんの近道だという気がします。

ただ、あくまでもメゾンドットやシャンブルドットは個人宅であり、ホテルではありませんので、ホテルのようなサービスをお求めになる方にはお勧めできません。たとえば、ルームサービスなどはありませんし、シャンプーなどを備えていない宿もあります。また、チェックインも時間が限定されています(事前にお願いしておけば都合をつけてもらえることもあります)。部屋の掃除やシーツの交換もほとんどありません。たとえ高級ホテル並みの料金であっても、ホテルではないのです。

どの宿も小規模な家族経営なので、クレジットカードが使えないところが多く、また2泊以上というところがほとんどです。

   

個人宅の数部屋が開放され、まるで友人のように迎え入れられるシャンブル・ドットでは、フランスのもてなしやエスプリが肌で感じられ、オーナーのセンスが光るインテリアを実際に見ることもできます。

私はもともとホテルが大好きで、ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジア、世界各地いろいろと泊まり歩きましたが、フランスのシャンブル・ドットは小規模であたたかくて、とても寛げるのが魅力だと思います。ターブルドットと呼ばれる夕食を用意してくれる宿もあります。

 田舎のシャンブルドットにも泊まってみたいかたには

エクス・アン・プロヴァンスの我が家とプライベートチャーター、田舎のシャンブルドットを組み合わせたプランニングをお作りしております。日程、ご予算などをお知らせいただければ、南仏のシャンブルドットと土地の魅力を知り尽くす私たちが、心に残る特別な南仏の旅をお作りします。

こちらからお気軽にお問い合わせください>> 

 

 

SSL グローバルサインのサイトシール 本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
Copyright(c) 2012 南仏プロヴァンスの旅 ア・ラ・カルト All Rights Reserved.